Images & Words

写真とか。ググってもわからなかったやつをブログにしています。

iandw

E-M1 MarkIIとM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 PROの素敵な関係

f:id:hiroshix:20171202090312j:plain みんな大好きM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 PRO(以下12-100)。自分がMFTユーザだとわかると、MFTユーザは必ず勧めてくる12-100(もちろん予約して発売日でオリンパスオンラインで買っています) 何が素晴らしいのか、そして持ってない方の不安ポイントを解消して、日本の景気に貢献したいと考えています。

はじめに

このエントリーは"OM-D E-M1 Mark II / E-M1 Advent Calendar 2017"の2日目です。1日目のid:OKPさんが凄かったので、ハードルをグッと下げていきたいと思います。 moognyk.hateblo.jp

E-M1 / E-M1 MarkIIとの関係

渋谷の女子高生アンケートでも「E-M1 / E-M1 MarkII(以下E-M1II)には12-100」「12-100にはE-M1 / E-M1II」との結果が出ているそうです(俺感覚) この組み合わせでは「最強に強まる手ブレ補正」とか「川に沈められたり雪に埋められたりと非合法に使われがちな(?)防塵防滴」とか色々ありますが、個人的にはボディとレンズのバランス(見た目含む)を推したいと思います。E-M5 MarkIIにつけたりして使ったりもするのですが、完全にレンズ側で支える感じになるのでちょっと使いにくいと感じます。

f:id:hiroshix:20171202090614j:plain
このしっくり来る感

いいところ

レンズ交換なしで何でも撮れる(し使える)

12-100なのにキレがいいという素晴らしさ。焦点距離が似てるM.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 IIも軽くて防塵防滴だし悪くは無いんだけど、RAW現像してるときに「あー高倍率ズームだなー」って思うことが多かった。12-100では感じたことない。

高倍率ズームレンズでありながら高い性能を兼ね備えている。標準/望遠ズームを1本にまとめ、さらにズーム全域で開放F4を実現。被写体や撮影場所を選ばないオールラウンダー。ズーム全域での画質が均一で、収差も少ない。ズームレンズであることを疑ってしまうほどの高画質。OM-D E-M1 MarkIIと組み合わせたとき世界最強の最大6.5段分(CIPA規格準拠)の補正効果は驚異的。1秒以上の手持ち撮影が可能で、三脚が不要と思えるほど。上記の点を評価して「カメラグランプリ2017 レンズ賞」に決定した。(カメラ記者クラブ/カメラグランプリ2017実行委員会リリースより抜粋)

…で実際のところどうなのよ?というとこんな感じで個人的には全然ありだなーと。

f:id:hiroshix:20170603144835j:plainf:id:hiroshix:20161231163150j:plain
12mm

f:id:hiroshix:20170803114747j:plain
17mm

f:id:hiroshix:20170402124429j:plain
28mm

f:id:hiroshix:20170910113941j:plain
47mm

f:id:hiroshix:20170325105733j:plain
61mm

f:id:hiroshix:20170910101815j:plain
92mm

f:id:hiroshix:20170528112539j:plain
100mm

TDR最強レンズ(もちろん旅行にも!)

荷物減らしたいけど、色々撮りたいというシチュエーションに最適

f:id:hiroshix:20161130110858j:plainf:id:hiroshix:20161130110834j:plain
パレード

f:id:hiroshix:20170507164050j:plainf:id:hiroshix:20161130145830j:plain
ショー

f:id:hiroshix:20161130170611j:plainf:id:hiroshix:20161130182710j:plain
手ブレ補正で夜景も!

食べ物や物撮り

わりと寄れるのでテーブルフォトにも最適

f:id:hiroshix:20171126125414j:plainf:id:hiroshix:20170903124835j:plain
どっちも12-100で撮りました

防塵防滴

E-M1/E-M1 MarkIIと合わせれば安心の防塵防滴。沖縄の海に持っていった後はシャワーで洗ったことも…(一応メーカ的には非推奨かな?)

f:id:hiroshix:20170716145319j:plainf:id:hiroshix:20170903105544j:plain
そんなに濡らしてるシーンなかった

不安ポイント

ボケないのでは?

これくらいボケればよくないですか?

f:id:hiroshix:20170430115852j:plain
92mm F4

f:id:hiroshix:20171119154420j:plain
100mm F4

f:id:hiroshix:20170903125124j:plainf:id:hiroshix:20161223123049j:plain
食べ物シリーズ(右は高級イタリアン)

大きい?重いのでは?

f:id:hiroshix:20171202091058j:plain
Amazon Echoとの比較
世の中の高倍率ズームと比べるとそうでもない。いわゆる(換算)24-105mm F4系と比較してもこんな感じ。(換算)200mmで高画質なので、むしろ小さくて軽いくらいでは?

カメラ レンズ 合計重量(g) 35mm換算焦点距離
E-M1 MarkII 12-100 1,135 24-200
α6500 SEL1670Z 761 24-105
EOS 80D EF-S15-85mm F3.5-5.6 1,305 24-136
α7RIII SEL24105G 1,320 24-105
EOS 6D MarkII EF24-105 F4L IS II USM 1,560 24-105

まとめ

そんなわけで気に入って使っています。よくご相談いただくのは「手元にあるM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(以下12-40)どうしよう?」だと思うのですが、下記エントリ参考に両方持っておけばいいんじゃないですかね?実際に12-40は小さいし、F2.8で明るいし、簡易マクロ的にも使えるので、全然使い分け可能だと思いますよ。 moognyk.hateblo.jp

ちなみに、私は貧乏性なので12-40を手放したのですが、(前述の理由で)「あー。取っておけばよかったなー」と思うことが多いです。そんな感じの"OM-D E-M1 Mark II / E-M1 Advent Calendar 2017"2日目でした。

追記

普段はM.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8とセットで、超広角が欲しいときはLaowa 7.5mm F2 MFTと組み合わせて使うのが吉

hiroshix.hatenablog.com

さらに追記

hiroshix.hatenablog.com

hiroshix.hatenablog.com